ペット 犬連れ 旅行 宿泊 持ちもの

犬連れで旅行するときの注意

犬連れで旅行するときの注意

犬やペットと一緒に旅行いくときには、もちろん必要なものは持っていくでしょう。

 

  • カリカリなどのいつも食べているご飯と食器
  • リードや紐、首輪をしていない場合には胴輪

 

私もリードや胴輪などのお散歩セットは忘れないようにしますし、
食事の用意などはしていくのですが、

 

犬も旅行だ!!とばかりテンションが高くなり、
あまり、ご飯は食べませんね。

 

毛をとるグッズ

犬が布団に入るクセがある場合

犬が布団に入るクセがあるなら、寝具は持っていったほうがいいです。
シーツと上にかけるベットカバーですね。

 

宿泊施設のシーツや布団に毛がついてしまっても後でとることができないですから。

 

寝具に入ってくるクセがない場合

寝具に入ってくるクセがなければ、いつも犬が寝ているベットを持っていったほうが犬は安心して寝ることができます。

 

コロコロは必要

絶対必要なのはコロコロです。

 

本当はなんという商品名かわからないけども、コロコロと服のゴミをとるために粘着用紙がついたもの。

 

床にじゅうたんを引いているところもあるので、最後、帰るときのマナーです。

 

これがペットも一緒に泊まれるホテルには常設されている場合もあります。


 

犬の足を拭く雑巾

ペットと泊まれるホテルなどでは、玄関前に犬の足を洗う足洗い場がある場合があります。

 

犬の足を洗った後、雑巾は持っていないとハンカチなどを代用しないといけないので持って行ったほうがいいです。

 

足洗い場がない貸し別荘などは濡れた雑巾で拭いてあげると足の裏の汚れがよく落ちます。

 

家では雨上がりのお散歩の後、濡れティッシュを使いますが、どんなタイプの濡れティッシュより、濡れた雑巾のほうが犬の足の裏は拭きやすいですね。

犬の足を拭く雑巾


 

トイレの便座カバー

ペット連れの旅行と一見関係ないようですが、ペット同伴OKの宿泊施設はとかく古い建物が多いのです。

 

口コミなどみていると、「ウォッシュレットをつけてほしい」と書かれていますが、オーナーの気持ちを考えると難しいかもと思います。

 

私もウォッシュレットなどがないところでは、どうしても、腰を浮かすようにしてしまいます。

 

そこで、トイレの便座カバーは100円ショップでも売っているので、それでもよいのです。


 

また、O型やU型かわからないと思いますが、便座カバーの両端に張るタイプがありますので、
そのタイプを宿泊する日数分、購入すると良いと思います。

 

犬の飲み水の入れ物

犬の飲み水を持っていくのを忘れた場合、コンビニでも購入すればいいと思いますよね。
旅行というわけでもありませんが、ちょっと犬を連れて遠出したとき、ものすごく暑かったのです。

 

あ!、水忘れた

 

と思って、水を買いに行ったのですが、飲み水を入れる入れ物がないことに気がつきました。
そこで、発泡スチロール製の簡易的なものも購入しなければなりませんでした。

 

どうしても荷物が多くなりますね。子供連れの人より多いかも。

 

 

お探しの情報はありましたか?


他の語句でも検索できます。