ペットと一緒に泊まれる良い宿の見つけ方

全てのページを見直しました。

そこで、既にペットを受け入れていない、宿の運営を辞めてしまったか、楽天との契約を打ち切ったか、いずれかの理由で、ページにアクセスできない宿が多くありました。それらのページは削除してあります。

 

ただ、宿泊プランに「現在、宿泊プランはありません」と表示される宿は残してあります。状況が落ち着いて、再開する可能性もあります。

 

ペットが泊まれる宿は以前は楽天トラベルで見つけていたのですが、最近では【じゃらん】もありますし、楽天トラベルにもじゃらんにも登録されていない施設をネットで探して申し込むときもあります。

 

現在、楽天トラベルを主に掲載していますので、楽天トラベル主体の説明になります。

 

総合評価のナゾ

宿の総合評価

 

良さげな宿を見つけたら、最初に観るのが総合評価。
上図の赤丸のところです。

 

ところが、この総合評価あんがいアテにはなりません。
見た目は評価が良いように見ますが、1点、2点のコメントを見てみると、これはちょっとやだなぁと思う宿もあります。
中には、どう見ても、宿泊者が悪いと思うコメントもあります。

 

全てのページを見直したところ、どうしても首を傾げるか宿があるのです。

 

評価内訳の2点、1点の詳細をみるのがおススメ

 

そこで、評価内訳の2点、1点の詳細をみるのをおススメします。
青い矢印が付いている件数のところをクリックすると、全てのコメントをみることができます。

 

そのコメントを見て、自分なら、許せるかということになります。
一番、多かった悪いコメントは、虫が出るのは許せるけど、ゴキブリが出るのは許せないといったことでした。

 

1点、2点のコメントがあるからダメだということではないのです。
自分が、そのことを許せるかということです。

 

また、施設側の返答が記載されているのもありますから、どのように返答しているかも施設側の姿勢もわかります。

 

せっかくの旅行、げんなりしたくはないですからね。

 

評価内訳にも問題がある

 

下の評価内訳をみてみると、1点の1件をクリックすると、「指定した条件での投稿はありません」と表示されます。

評価内訳がない

思うに、評価コメントを施設側で消せるのではないかと邪推しています。

 

こうなると、判断が出来なくなりますが、当方は、このような宿はあまり好きではありません。

 

この冬、予約したロッジの評価内訳の低い評価をみると、「お風呂がキズだらけ」というのがありました。
でも、それって宿泊者が犬を無理やり風呂に入れて出来たキズと思われます。心無い宿泊者もいるものです。悲しくなりますね。

 

更新履歴